読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ結末まとめブログ

坂辺周一作の漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

スマ倫な彼女たち ネタバレ感想 第一話「不倫な男」沖田龍児

 沖田龍児先生の「スマ倫な彼女たち」は、妻子持ちの平凡なサラリーマンが、出会う女をみんな好きになり、どんどん不倫を楽しんでしまう漫画です。

主人公の倫は、優柔不断で流されやすい女好きの男。

その挙句、自分を追い詰めることになっていきます。

こちらでは、第一話「不倫な男」のあらすじと感想をご案内します。

スマ倫な彼女たち第一話「不倫な男」のあらすじ

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>「スマ倫な彼女たち」無料試し読み

 

一人目の浮気はキャバクラ女性


長谷川倫はごく普通のどこにでもいる、不動産屋勤務のサラリーマン。

クリスマスの日、自宅では妻と娘の裕香がパパの帰宅をケーキを用意して待っていた。

「ねえパパぁ、今夜サンタさん来てくれるかな〜?」

「いい子の祐香に来てくれないハズ、ないだろ!」

かわいい愛娘からの電話に、明るく答える倫。

無邪気な娘はパパのところにもサンタさんがきっと来てくれる、と言ってくれた。

倫が今、浮気相手のキャバクラ嬢・若林さやかと一緒にいることも知らずに・・・

家庭を壊す気はない、というけれど


妻も「今日は早く帰ってきてあげてね」と、クリスマスをパパと祝うのを楽しみにしているから、と伝えてきた。

ところが電話中、さやかが膝枕していたところ、手を伸ばしてくすぐってきた。

こらえきれずに変な声を出し、電話を切ってしまう倫。

「ごめんね、あたし倫くんち、壊す気ぜんぜんないし」

若く美しいさやかとは、ここ半年関係が続いていた。

「こんな素敵な旦那さん、奥さん絶対に手放してくれないよね」

また二人きりで遊ぼ、というさやかに、倫はノーとはいえなかった。

二人目の浮気は会社の女上司と


倫が浮気していたのは、さやかだけじゃなかった。

外回りが終わり、帰社すると女上司の君原主任が待っていた。

熱心に外回りしていたわりには、成績に反映されていないけれども、と言われて焦る倫。

「私があなたに、色々教えてあげるから」

32歳の君原絵梨は、大人の魅力あふれる女性でせまってきた。

イブはご家族に譲ってあげたんだから、明日は私を楽しませるのよ、ともたれかかってくる。

三人目は初恋の女性


倫は自分でも、本当にダメ男だと実感していた。妻以外に二人の女性と・・昔から優柔不断で、迫られるとノーと言えない自分がいた。

早く自宅に戻ろう!と支度をしていた倫だったが、そこに昔の初恋の女性・新庄美奈が立っていた。

不動産を探している、という美奈は高3のときに倫が隣の席にいたを覚えていない様子だった。

物件を見せるために並んで歩いていると「長谷川さんはご結婚は?」と聞かれてつい、「まだ」と嘘をついてしまった。

そして美奈は倫のことを覚えている、と話し始めた。

そのときふと、倫は高校3年生のときに美奈が大人の男性とホテルから出てきた現場を見てしまったことを思い出した。そして、美奈のほうから、口封じのようにキスをしてきたことも・・・

「今夜のイブは、二人であたたまろっか」

誘ってくる美奈に、倫は家族のことも忘れてしまい・・・

スマ倫な彼女たちの感想


いや〜、見事なくらいに流されやすいダメ男な主人公です。

何も考えず、その場その場で女性たちと浮気して、あちらも大事だけど、こちらも捨てがたいと優柔不断で家族を裏切り続ける。

漫画だからっていうのもありますけれども、不倫する男性ってこんな感じなのかもなあ、と思ったり。

家庭の幸せは壊したくない、でも綺麗な女性とアヴァンチュールは楽しみたい、という男の身勝手さがじつによく描かれており、女性が読んだらだいぶ不快に感じる作品です。

でも、男性だったら「わかる!わかる!」と大喝采しそう(笑)つぎつぎに女のほうから寄ってきて、ひとつしか体がないのに、にっちもさっちもいかなくなって、結局この浮気男はどうなってしまうのか。

冒頭シーンを見る限りでは、徹底的に転落しそうな予感ですが・・・何もかも失って天罰をくらうのか、それともウマウマと美味しいとこどりで不倫をつづけるのかが見どころです。



>>「スマ倫な彼女たち」続きを読む

 

 こちらの記事もおすすめです

ichijiku.hatenablog.com